420 x 167
イラスト/LONE☆STAR
'96年アメリカに移住後、イラストレーターとして独立。国内外の大手出版社、デザイン会社、旅行代理店、観光局などをクライアントに、デザインのほか、イラストやキャラクター制作、ロゴ・CG制作、DTPを手掛ける。「わかりやすく、楽しくきれいな作品制作」がモットー。高品質のイラストやキャラクター制作などの問い合わせは下記まで(見積り・相談無料)。425-346-8893 Eメール:tokyolonestar@earthlink.net
420 x 167


パート1 アメリカで新生活 部屋を借りる | 新居を買う | 引っ越し&入居
パート2 日本に帰国 引っ越し会社 | ペット&愛車と帰国

700 x 84
700 x 84
▲湖に隣接したゴージャスな一軒家。一度はこんな家に住んでみたい……
700 x 84


監修/宏徳エンタープライズ 菅沼愛子さん
ワシントン州で唯一、日本人が経営する不動産会社「宏徳エンタープライズ」の代表。1999年に「ワシントン州トップ・エージェント1%」に選ばれたほか、1996年からは日本人のための不動産セミナーを開始している。
Kohtoku Enterprise, Inc. 425-644-7437 www.kohtoku.com

 

700 x 84
不動産エージェント(Agent):不動産エージェントには、買い手側のプロセスを行うBuyer's Agentのほか、家の売り手に変わって不動産の売却を担当するListing Agentがいる。共に不動産売買の契約を成立させ、登録が完了するまでサポートする。エージェントは州のライセンスを持って不動産会社に所属し、仲介手続きを行うが、社員ではない。

インスペクション(Inspection):家の構造やコンディションの検査。専門の業者が担当し、通常2〜3時間掛けて床下から屋根の上まで調べる。ここで重大な欠陥が見つかれば、購入価格や売買契約の見直しなどが必要だ。

モーゲッジ(Mortgage):住宅ローンのこと。主に固定金利住宅ローン(Fixed-rate Mortgage)と変動金利住宅ローン(Adjustable-rate Mortgage)がある。前者は、ローン期間中の返済金額が一定で、返済期間は15年と30年のものがある。後者は、市場に従い金利が変動するもので、金利が上がるリスクがあるものの、金利自体は低く抑えられている。ただし、多種多様なローンがあるので、よく研究すべき。

エスクロー(Escrow):売り手・買い手から提出された売買契約を元に、代金受け渡し及び、登記手続きの一切を請け負う登記会社のこと。


 

700 x 84
700 x 84良い家の見分け方を教えてください。


700 x 84良い家を選ぶ基本は、エリアに関係なく同じです。学区の良い所とメンテナンスが行き届いた家は人気が高く値段も高めですが、早く売れます。ただし、学区全体が良くても一定の地区がほかより好ましくない場合もあるので、住む所の学校がどこか確認したり、ワシントン州で行われる統一テスト(WASL)の成績を参考にしたり(私のウェブサイトのリンク先「学校案内」から学校の資料が見られます)、また学校に通っている子供を持つ方の意見を聞いてみたりしましょう。

選び方は値段と大いに関係があるので一概には言えませんが、注意点は水回り。3つ挙げれば?近くの急坂や土手が家の水はけに影響を及ぼさないか、?屋根のメンテナンスはどうか、?排水能力がしっかりしているか。??は専門のインスペクターを雇って検査すべきです。この検査は購入時の条件項目のひとつにもなっています。

家の年代は好みにより違いますし、地域によってはまったく問題にならないこともあります。例えばベルビューに隣接するクライド・ヒルやメダイナでは、築40〜50年の家が100万ドル以上することも。良い物件探しには、長年地元にいて信頼できる不動産業者に相談することが必須です。


ウィンダミア不動産 渡部ジェイソンさん
不動産業に携わって20年。これまでに成立させた物件は600件以上に上る。住まいの相談から不動産の無料査定、無料プライベート・セミナーなどを通じて、買う側も売る側も安心できる不動産販売を心掛けている。

Windermere Real Estate 206-718-2866 www.jasonwatabe.com
700 x 84Buyer's AgentとListing Agentの役割は?

700 x 84「家が欲しい」と思ったら、まずインターネットで検索したり、オープンハウスを見たりするでしょう。そしてそれが楽しくなってきた頃、良い物件がすぐになくなる事実に気付いて、慌ててBuyer's Agentに連絡を取る……。じつはそのような方は少なくありません。しかし、市場に出たばかりの物件は写真がなかったり、オープンハウスの家は売れ残りがほとんど。ですから、まず買い手のヘルプをするBuyer's Agentに連絡するのが早道です。Buyer's Agentは住所・値段・特徴などから該当物件を瞬時に判断し、迅速かつ適切に多くの物件を紹介します。

一方、家を売る時にお手伝いするのがListing Agent。彼らはその家を買いたいお客様を想定して綿密な調査をするほか、売値が売り手の希望に沿う配慮をします。ただし、市場価格からかけ離れた売値にすると結局値下げを余儀なくされることも。また、売値の目安は最終的に“売れた”価格で、“売り出し”の価格ではありません。
最後にAgent選びは「最高価格を付けたから」「コミッションを値引きしてくれたから」だけでなく、大切な家を大事に扱ってくれる人を選びましょう。



ジョン L. スコット 三井まりこさん

トップ・エージェントのアシスタントとして従事した経験とネットワークを生かし、“お客様第一”のサービスで不動産の楽しさを顧客に広めようと日々精進。2004年には同社Top 5% Agentに贈られるPresidents Elite賞を受賞。

John L. Scott 425-765-8742 www.marikomitsui.com

700 x 84一軒家vsコンド、購入はどちらが得?


700 x 84答えは購入者の生活スタイルで違ってきます。コンドミニアム(以下コンド)は一軒家より安価で購入しやすく良い投資になるほか、フィットネス・センターやプールなどの設備が付いている所もあり、維持も簡単。子供のいない共働き夫婦や隠居者、留守がちの独身者などに向いています。一方、子供のいる家庭は遊び場を考えて庭付きの家が良いですが、子供の成長を考えてできるだけ広い家を買いましょう。“大は小を兼ね”ますし、手狭になってからの引っ越しを防げます。

コンドは防音壁で隣近所を遮っているだけなので、一軒家に比べて音が漏れてプライバシーが守られなかったり、最高級コンドを除いては部屋の間取りが小さい上、収納が少なく、パティオやバルコニーが狭いことも。また、「ホーム・アソシエーション」と呼ばれる管理組織に月々の管理費を収め、ここの定めたルールに従う必要があります。しかし、通常は便利な立地にあり、「ホーム・アソシエーション」が付属設備の整備などを行ってくれるため、手間が掛かりません。のちに売却を考えているのなら、コンドにせよ、一軒家にせよ、便利な立地、良い地域環境、良くメンテナンスされていることを考慮して決定しましょう


センチュリー21不動産 フォート 真知子さん

全米各州と海外で25年間過ごした後、'99年ノースに自らのドリーム・ハウスを購入。以来インテリアやガーデンニングに情熱を燃やして生活を楽しむ一方、その情熱が不動産に及んで、エージェントに。不動産への良い投資とその後の手伝いを親身に行っている。

Century 21 Real Estate Center 425-501-6626 www.machikofaught.com
700 x 84シアトル周辺の不動産事情はどうですか?


700 x 84西ワシントン州及びキング郡に関してお話しします。まず昨年1月と今年1月のPending Offer物件(売り家に対してオファーは入っているが、未決済の物件)の数を比較すると西ワシントン州一帯で22%上昇、価格は12.7%上昇と、この地域の不動産市場はクレージーなくらい“ホット”。完全な売り手市場で、買い手の数に対して売り家の数が極端に少ない、需要と供給がアンバランスな状態です。この原因のひとつは、すでに家を持っている人がここ数年の低金利を利用してリファイナンスをしたり、リフォームをしたりして今の家をキープする傾向が挙げられます。そのような状態なので、例えばキング郡の35万ドル級の平均的な家が売れるまでの日数が58日というデータがあったり、数週間で価格が大きく上がるなどの現象も見られます。このようなマーケットでは、普通の時よりも慎重に、経験豊富で信頼のおけるエージェントのアドバイスの元に動きましょう。

また、これまでは一軒家の方がコンドより資産価値が高いとされていましたが、街の中心部などの土地不足や現代人の生活スタイルの変化などで、今ではコンドの価値も見直されています。



コールドウェル・バンカー 下村真美さん

「憧れのマイホーム購入のお手伝いをするのが最高の喜び」という志のもと、情熱を持って不動産売買に取り組む。それぞれの目的に合わせた丁寧なコンサルティングを心掛けている。不動産歴18年以上、在米30年。

Coldwell Banker Bain Associates 206-718-6264 www.M-M7.com
700 x 84ポートランド周辺の不動産事情はどうですか?

700 x 84オレゴン州の不動産市場の現状は、ワシントン州とかなり似ています。ポートランドについて言えば、かなり過熱気味で、これは売り家の在庫不足が原因のひとつになっています。過去6カ月間で見ると、私が関わった物件はすべて複数のオファーが寄せられ、オファー金額はいずれも売り主の表示価格を上回る提示ばかり。市場に出て1日もたたない家に、すぐに4つのオファーが集まることもありました。どうしてもその物件が欲しいならば、一番高い買値を提示しなければ、当然手に入れられません。以前あったバブル期のような現状では、不動産購入には我慢強さが必要です。在庫が充実すれば、マーケットは自然と正常な状態に戻って適切な“買い時”が訪れます。それまで忍耐強く待ちましょう。
また、ポートランド周辺でも、地価の値上がりや住宅の集中化を防ぐ市の規制により、住宅事情に変化が起きています。現在は最初のマイホームとしてお手頃価格のコンドやタウンハウスが選ばれることが多く、ポートランド市内ではダウンタウンに近いパール地区が人気のエリアのひとつです。また、忙しい現代人の生活から、都市型生活が再び注目を集めているようです。


豊島メアリーさん

オレゴン州ポートランドにおいて15年以上の不動産歴を持ち、日本語で親身になって相談に応じている。不動産売買のほか、改装など、不動産価値を高めるためのコンサルタントも行っている。

Toyoshima Mary, Real estate broker p.c. 503-730-2122
www.toyoshimarealty.com