専門家が回答(アメリカ生活 子育て&英語のお悩み)

主言語が英語になった子供とのコミュニケーション・ギャップ、どう埋める?


日米間で国際結婚をした両親の家庭で日本語教育をしていたものの、子供が小学校高学年になり英語が主言語になると、会話に参加できず寂しい思いをしている親御さんがいると思います。アメリカで日・英語のバイリンガルの子供を育てるには、子供が小さい時から日本語に触れる機会を豊富にし、英語と日本語を使い分けることが基本です。英語力が強くなってきても、日本語や日本文化に接する機会を増やしたり、子供が日本に興味を持ち続けるための努力をすることによってのみ、日本語のレベルの維持&向上を図ることができます。親子関係の絆を強いものにするには、微妙な感情が伝わりやすい親の母国語で子供を育てるのがいちばんと言われています。そのためにはまず、日本語教育の在り方を見直してみましょう。言語は強制して覚えさせるものではなく、どうすれば子供が自分から興味を持って学び続けられるかの工夫が大切です。

次に自分が英語力を上げる努力をしているか考えてみましょう。大人になってから学ぶ外国語は、時間が掛かっても、努力すれば確実に向上します。例えば子供の学校のクラスでボランティアをするなど、子供が英語を学んでいる場所に身を置いたりするのもひとつの手段かもしれません。これも子供の日本語教育と同じで、努力しないと最低限度の言葉で毎日を過ごしがちです。

家族内での孤立化を避けるには、子供の日本語教育を見直し、自分の英語力を磨き、その一方で子供の興味のあるものについての会話の機会を増やすことが大切だと思います。その時お互いに日本語と英語を教える機会にしても良いかもしれません。子供が興味を持っていることを親が知りたいと思う気持ちがあれば、どちらの言語で話していてもその気持ちは伝わるものです。子供が反抗しがちな思春期に入る前に、愛情豊かな親子関係を維持していく努力をしてください。


話/アート・セラピスト、カウンセラー 高田峰子さん

アート・セラピスト、カウンセラー 高田峰子さん 武蔵野美術大学油絵科卒業後、青年海外協力隊、養護学校教師など を経てニューヨーク大学の大学院でアート・セラピーを学ぶ。 92年以来、アメリカン・アート・セラピー協会公認アート・セラピスト、 ワシントン州認定カウンセラーとして活動中。

Mineko Takada-Dill, MA, LMHC, ATR /
Studio Mene Art Therapy and Counseling Services
tel 206-276-4915 http://jp.studiomene.com



バイリンガルに育てるために知っておきたいこと


育児に悩みはつきもの。まして、海外での育児では「バイリンガル環境」という要素まで加わり、不安や疑問は増すばかり。ここでは、バイリンガル児の言語発達にまつわる誤解について説明します。

 誤解1   「海外で生活している子供は、自然にバイリンガルになる」

アメリカに住んでいるからといって自然にバイリンガルになるわけではありません。バイリンガルになるには、両言語の豊かな言語刺激が必要です。具体的には、正しい言語モデルを示す、多くの語彙に触れる機会を持つ、子供自身が各言語を使う意義を理解できるようにする、などといった心掛けが大切です。

 誤解2   「バイリンガル児は言語発達が遅れがちだが成長と共に追いつく」
数々の研究により、適切な言語環境にいるバイリンガル児の言葉は、モノリンガル児と同じペースで発達していくことがわかっています。ですから、同年齢の子供よりも言葉が遅れていることに気付いた場合、できるだけ早く対応することが大切です。

 誤解3   「言語発達に遅れがある場合、バイリンガル育児はあきらめたほうがよい」
乳児期に喃語(意味のある言葉を発する前の段階の「あーあー」「ぶーぶー」といった発声)を発しない、1歳になっても有意味語を言わない、20カ月までに語彙が20語以下、2歳までに2語文を言わない、など言語発達に遅れがある場合は、言語的負担を軽減するためにひとつの言語に絞って育児をしたほうが良いのかと悩まれる方も多いでしょう。しかし、親にとって最も話しやすい言葉(母国語)で子供に話し掛けることは、子供の言語力だけでなく、安定した情緒、言葉を使って考える力や学習する力を高めることにつながります。もし子供に言語発達の遅れがあるとしても、ぜひそれぞれの母国語で豊かな言語刺激を与え続けてあげてください。
以上、バイリンガル育児にありがちな誤解について説明しました。正しい知識をもってバイリンガル育児を楽しんでいきましょう。



スピーチ・パソロジスト 鈴木美佐子さん 話/スピーチ・パソロジスト 鈴木美佐子さん

日米両国で臨床経験をもつスピーチパソロジスト。現在、ウィルソンビルにて言語発達相談や子供向けのスピーチセラピーを行うほか、遠隔地の方を対象にビデオ通話によるセラピーも行っている。

Misako Suzuki, MA, CCC-SLP / Suzuki Speech Therapy LLC
tel 503-925-4507 www.suzukispeechtherapy.com

*情報は2012年4月時点のものです