アメリカでのポットラック・パーティーで役立つレシピ

  次のページ »
アメリカでは一般的な“ポットラック”パーティー。参加者が料理を持ち寄るパーティーで、多彩なメニューがテーブルに並びます。でも、何を持っていけばいいのか悩んでしまうことも。そこで料理が苦手な人でも簡単に作れ、しかもパーティーの場が華やぐレシピをご紹介。料理選びのポイントやポットラックの心得など、パーティーをより楽しむためのTipsも紹介します。
*計量カップは、米国サイズ(250cc)、温度は華氏を使用
イタリア料理
寺西紀香さん 教えてくれたのは 寺西紀香さん
新鮮食材を使った料理教室「Gourmet Kitchen」をカリフォルニアで主宰。
毎日の食事や急なゲスト対応に使えるレシピをバラエティー豊かに紹介しています。初心者でも楽しめる手軽さとヘルシーさで人気。E-maiil: gourmetnorika@gmail.com
もっちりパスタを爽やかに味付け
◎ ペンネサラダ
ペンネサラダ 【材料・3〜4人分】

ペンネ 250g
オリーブオイル 大さじ1・1/2
ニンニク(薄切り) 1片分
レッドチリペッパー(粗みじん) 小さじ1/4
タマネギ(みじん切り 1/2カップ
ズッキーニ(5ミリ大角切り) 2カップ
チェリートマト(赤と黄) 2カップ
パセリ(みじん切り) 1/4カップ
適量
コショウ 適量
ペコリーノ・ロマーノ(チーズ) 適量

【作り方】

ペンネサラダ カップに小分け▲ プラスチックのカップに入れてフォークをさしておけば子どもも食べやすくなります
  • @ チェリートマトを半分に切る
  • A 大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かして塩を入れ、ペンネを表示通りの時間で茹でる
  • B フライパンにオリーブオイルをひいて中火にかけ、ニンニクを炒める
  • C ニンニクがキツネ色になって香りが出たら取り出し、レッドチリペッパーとタマネギを入れて炒め、タマネギが透き通ったタイミングでズッキーニを入れる
  • D @を加えてさらに1〜2分炒め、塩、コショウで味を調える
      1時間半ゆっくりと焼く。チキンの中の温度が165度になった頃が完璧な焼き上がり。
  • E 茹で上がったAを加える
  • F パセリをEに混ぜ合わせてから皿に盛り、チーズを削って振りかけて出来上がり


心地いい酸味がアクセント
◎ トマトのツナサラダ詰め
トマトのツナサラダ詰め 【材料・10個分】

パールトマト* 10個
ツナ(缶詰) 100g
リンゴ**(薄めで小さいいちょう切り) 1/2カップ
レモン汁 小さじ1/2
セロリ(適当に刻んだもの) 1/4カップ
マヨネーズ 大さじ3
塩塩
コショウ 適量

*チェリートマトと普通のトマトの中間ほどの大きさのトマト。Whole Foods MarketやTrader Joe'sなどで購入可
**Granny Smith Appleのように酸味のあるリンゴがおすすめ


【作り方】

トマトのツナサラダ詰め 
  • @ トマトの底を切り落とす(トマトが安定して立つように切るが、穴が開かないよう注意)。
  • A トマトのヘタ部分を切り、底に穴が開かないよう中身をくり抜く
  • B リンゴの色が変わらないようにレモン汁をふりかけ、飾り用に10枚取っておく
  • C ボウルに油(または水)を軽く切ったツナとマヨネーズ入れてよく和える
  • D CにBとセロリを合わせ、塩とコショウで味を調える
  • E AにDを詰め、飾り用のリンゴを添えて完成


【デザート】少し弾力がありツルンと食べられる
◎ ひとくち杏仁豆腐
ひとくち杏仁豆腐 【材料・12カップ分】

ゼラチン* 8g
牛乳(ホールミルク) 400ml
砂糖 35g
アーモンドエッセンス 小さじ1/4
ミカンの缶詰** 1缶

*時間が経っても溶けないようにゼラチンを少し多めに使用。柔らかい方が好みなら、ゼラチンを5〜6gくらいに
**桃の缶詰でも可


【作り方】

▲ カップから取り出す時は、カップの内側に沿ってバターナイフで取り出す感じで
  • @ ゼラチンを水(大さじ3、分量外)でもどすトのヘタ部分を切り、底に穴が開かないよう中身をくり抜く
  • A 小さめの鍋に牛乳と砂糖を入れ、弱火で温めながら砂糖を溶かす
  • B 沸騰する直前に火からおろす
  • C Bに@を入れ、ゼラチンが完全に溶けるまでかき混ぜる
  • D Cにアーモンドエッセンスを加え粗熱をとる
  • Eドレッシング用容器の3/4までDを注ぎ、ミカンを2〜3房入れる
  • F容器の蓋を閉め、40分から1時間冷蔵庫で冷やし固めれば出来上がり
※会場でカップから取り出して皿に移し、ミカンを盛ると豪華になります
紀香流、ポットラックを楽しむTip

@小物でキュートに料理を演出
・アイスクリームのカップに取り分けてサーブする
・かわいい楊枝に刺して並べる
A運びやすいように汁ものを避けるのがベター
Bできれば生ものは避けるのがベター
Cホストにアレルギーを持つ人が来るがどうかを確認する
D「Press’n Seal」を使えば空気を抜いて個別包装が簡単に。サンドイッチなどに便利


*情報は2016年11月時点のものです