今日のニュース
Backnumberはこちら>>

2010年1月14日(金)

シアトル市長、プレイオフの儲けで道路整備員らをおもてなし

マックギン市長は木曜日、徹夜で働く市の道路整備員らにプレイオフで獲得したシーフードやガンボやケーキなどのご馳走を振る舞った。これらは、先週末のシーホークス対セインツ戦でニューオーリンズ市長と賭けをした際に、シーホークスの勝利だったことからニューオーリンズ市長から贈られてきた賞品である。整備員たちに対してマックギン市長は、彼らの勤勉な働きぶりに感謝をするとともに、街路の状態を憂慮する問いかけをした。シカゴ市ではプレイオフで賭け事はしないため、対シカゴ戦での賭けは無いとのこと。 King5.comの関連記事はこちら

マイクロソフトとスターバックス、再び独立記念日花火大会の主要スポンサーに

マイクロソフト社とスターバックス社は2連連続で、シアトルダウンタウンで行われる独立記念日の花火大会の主要スポンサーとなることを木曜日に発表した。昨年、両社は資金難で中止となるはずの花火大会に25万ドルの寄付を行い、これにシアトルのビジネスオーナーらからの寄付も合わさり大会は無事開催された。今年は、主要スポンサー2社に加えてノードストローム社やビーチャーズ・ハンドメイド・チーズを含む地元企業7社がスポンサーに名乗りを上げていて、大会開催に必要な資金は残り20万ドルだということ。 King5.comの関連記事はこちら

UWボセル校とベルビューカレッジとが提携入学制度を開設

2012年の秋学期から、ワシントン大学ボセル校とベルビューカレッジとが共同して、ビジネスを専攻する外国人学生のための提携入学制度を開設することが決まった。現在、ボゼル校のビジネスプログラムへ編入はベルビューカレッジからがほとんどであるとのこと。提携入学制度では、学生は初め2年間ベルビューカレッジでビジネスと英語を学んだ後、UWボセル校へ編入して学士号を目指すことになる。この提携は、外国人学生の教育とアメリカ文化への順応支援におけるベルビューカレッジの豊富な経験を見込んでということ。新制度の契約は来週ベルビューカレッジで行われる予定。 Seattletimes.comの関連記事はこちら

土砂崩れにより、シアトルから北側で旅客列車の運行見合わせ

金曜日、エバレットの南で起きた土砂崩れのためにサウンダーとアームトラックはシアトルより北側で運休となる。土砂は木曜日の午後に除去されたが、万一に備えてこの決定が下された。列車の乗客はバスの利用が可能である。また、シアトルより南側は通常通りの運行となっている。 Seattletimes.comの関連記事はこちら

アリシア・シルバーストーン、妊娠

女優、アリシア・シルバーストーンが妊娠しているという。シルバーストーンは、8年間の交際を経て、2005年にS.T.U.N.のヴォーカリスト、クリスチャンJと結婚している。 関連記事はこちら

 
Copyright 2010 The Seattle Times. Used with permission
Copyright 2010 KING. Used with permission