今日のニュース
Backnumberはこちら>>

2011年3月11日(金)

ワシントン州沿岸に津波注意報発令、オレゴン州には警報

シアトルの国立測候所は、東北地方太平洋沖で発生したM8.4の地震を受けて、ワシントン州沿岸全域に津波注意報を発令した。また、オレゴン州では津波警報が出されている。ワシントン州の注意報はStrait of Juan de Fucaと北部の内水に隣接する陸地にも有効で、津波の最初の波は午前7時過ぎにワシントン州沿岸に着くと見られている。オレゴン州では、午前7時から8時までの間に南部で6フィート以上、北部で約4.5フィートの波が現れることが予測されている。King5.comの関連記事はこちら

WSP、追い越し車線走行車に監視の目

ワシントン州パトロールは、追い越し車線を走行する車に監視の目を光らせている。片側に車線が2車線以上ある道路では、一番左側の車線は通常は追い越し専用で、そこを走り続けて交通の流れを妨げることは違反である。そのことを知らずに追い越し車線を走行し続けるドライバーもいるため、WSPは “Good to Know”という教育用ビデオをYouTubeに流して啓発している。追い越し車線の走行が見つかった場合、交通違反の警告を渡されるだけで済むことが多いが、切符を切られることもあるという。King5.comの関連記事はこちら

ワシントン州の安楽死患者数51人

昨年ワシントン州で尊厳死法に基づいて安楽死を求めた患者の数は87人で、そのうち実際に薬物投与による自殺幇助の行為を受けたのは51人だった。残り21人は他の理由で亡くなっている。安楽死を遂げたのは52から99歳の人で、そのほとんどがワシントン州西部在住の末期がんの患者だった。51人全員が、安楽死を希望した一番の理由として自律性を失いたくないことを挙げている。ワシントン州では2008年に尊厳死法が認められた。King5.comの関連記事はこちら

ハリウッドも日本の地震と津波に反応

日本で起きたマグニチュード8.9の地震とそれによる津波に対して、ハリウッドのセレブ達も反応。テイラー・スイフトは「傷を負った日本に対し、祈りと愛を日本に送っている」、パリス・ヒルトンは「神のご加護がありますように」などとツイッターでツイートしている。関連記事はこちら

「テレビジャパン」で地震速報、放映中

日本語チャンネルの「テレビジャパン」では、東北地方太平洋沖地震の災害情報を伝えるため、一部地域にて無料で配信している(シアトルはコムキャストのCh.245)。情報は随時アップデートしています。詳細は、テレビジャパンホームページの「お知らせ」覧で確認を。関連記事はこちら

 

 
Copyright 2011 The Seattle Times. Used with permission
Copyright 2011 KING. Used with permission