KIYOのアメリカ漫遊記
文・KIYO

希望に満ちた将来を模索してやまない現役女子大学生KIYOが、アメリカのさまざまな地を訪れては、自分自身を一歩いっぽ前進させる旅エッセイ。

  ● ネバダ
    ・グランドキャニオン   NEW
    ・ラスベガス郊外
    ・ラスベガス

  ● カリフォルニア
    ・ハリウッド     
    ・ナッツベリー・ファーム
    ・アメリカらしさを満喫!

  ● ニューヨーク
    ・ニューヨークを食べ尽くす!
    ・ショッピング天国
    ・グラウンド・ゼロと
     セント・ポール教会

    ・自由の女神像と
     エリス島移民博物館


  ● フロリダ
    ・ディズニー・ワールド・
     リゾート

    ┗アニマルキングダム
    ┗マジックキングダム・
      パーク

    ┗MGMスタジオ
    ┗エプコット

   ハワイ
    ・キラウェア火山  
    ・マウナケア火山
    ・スキューバ・ダイビング
    ・ポリネシア文化センター
 
KIYOネバダ

グランドキャニオン

前回紹介した「フーバー・ダム」や「レイク・ミード」は、ラスベガスからグランドキャニオンまでバスで行く時の通り道。時間にしてラスベガスから約5時間弱のドライブは……結構暇です(っていってもほとんど爆睡していましたが……笑)。でもひたすら往復10時間の道のりを走るよりも、途中でこれらの素晴らしい観光名所に立ち寄ったりするとリフレッシュできて良いですよね!

グランドキャニオンに着いてまず感じたことは、観光バスの多さ! さすが、アメリカを代表する観光地。何十台もずらりと並ぶ大型バスと世界各国から訪れる人の多さに、改めてグランドキャニオンに来たことを実感。「長い時間バスに揺られてここまで来て本当に良かったぁ〜」と、まだキャニオンを目にしてないのに興奮ぎみの私! 

「一度は見ておくべき場所」とグランドキャニオンに行ったことのある友達が言っていた意味がやっと解明。私の想像より100倍以上も高く大きな崖は、今までに見たこともないほど圧倒的で美しく、怖さも忘れて見入ってしまいました。訪れた時期は夏だったので、真っ青な空と何色もの色からなる崖のコントラストは強烈な印象。各スポットに設けられたビュー・ポイントでは、同じキャニオンの違う顔が見られて新鮮! いろんな場所でいろんな角度からのキャニオンを楽んでください。

ビジター・センターではグランドキャニオン・グッズが手に入るのでチェックしてみて! 地元の写真家が撮影したグランドキャニオンの写真や、Tシャツなどのオリジナル・グッズなど、充実した品揃えです。


■KIYOさんへのご意見・ご感想は以下までお寄せ下さい。
 web@jeninc.com