釣りと妻と動物をこよなく愛するサラリーマン釣り師による、ノースウエスト釣り指南
文/げどます
第10回  経験が物を言う、ロックフィッシュ釣り
ロックフィッシュ▲ロックフィッシュのヒレには毒があるので注意。身は白身、煮物ほか塩焼きや刺身で!
ロックフィッシュ釣り▲防波堤や岩礁など、濡れている所は危険なので、滑りにくい靴やライフジャケットなどは必須

雨や雪が降るパシフィック・ノースウエストの冬は、釣りができないと思いがちですが、桟橋からのイカ釣りや、晩冬のサーモン釣り、東の方に行けば日本の冬のワカサギ釣りのようなアイスフィッシングなど、探せば意外とあるもの。釣り人は、結局いつでもどこでも釣る魚を見つけるものなのですねぇ。

さて、今回はロックフィッシュの話をしましょう。釣り場は、岩場での磯釣りで、ポピュラーな釣り方は2種類。魚などの切り身をエサにして上から吊り下げる浮き釣りと、エビの尻尾や魚の形をしたプラスチック・ルアーやスプーンなどのハード・ルアーを使ったルアー釣りです。また、岩場では、仕掛けを引っ掛けて失くすことも多いので、予備のハリなどもたくさん持参しての釣りとなります。ロッドやリールは中型以上の物が必要。というのも、同じ仕掛けで60センチ以上のリングコッドなどが釣れてしまうこともありますし、ロックフィッシュは力がとても強いので、強引なやり取りが必要なのです。流れが強いところではあまり浮き釣りはできないので、ルアー釣りがいいでしょう。

エサ釣りの場合はのんびり待ちますが、ルアー釣りでは何度もキャストしてはゆっくりリトリーブ(リールで巻き取ること)。ちなみにロックフィッシュは、名前のとおり岩場にいることが多いので、表層をルアーで流していてもあまり釣れません。底をゆっくりリトリーブすると、根掛かりは避けられないのです。

アタリは、浮き釣りでは波間に浮かんだ浮きが急に見えなくなるので、数秒の「間」をおいてからラインのたるみの分も考慮し思いっきり合わせます。ルアー釣りのアタリは、もっとエキサイティング。いきなり爆発があったかのような強烈なアタリかと思えば、軽く加えるだけのアタリもあり、この時は「あれ?一瞬岩に引っ掛かった?」と思うほど。経験が物を言います。

うまくフックオンできると、ロックフィッシュは必死で岩場に逃げようとし、強烈な引きでぐいぐい引っ張ります。岩場は足場も悪いのでバランスに注意しながらファイト! 20センチ程度のロックフィッシュでも馬鹿にできない強さです。とにかく岩場から離して、魚とファイトするのがコツ。無事ランディングできたら、気をつけてハリを外してください。というのも、ヒレには毒があるのです。

私のお勧めの料理方法は煮物。白身の、身が締まった魚なので、煮物や鍋に使っても身が崩れにくいのが良いですね。ちなみに、頭や骨からも良いダシが出ます。

原則的には1年中釣れますが、この魚は乱獲により数が激減したため、禁漁の場所もあるので注意しましょう。比較的繁殖率は高いらしいのですが、成長するのに7年程度掛かるのだそうです。おいしい魚だけに、乱獲には注意したいですね。

さて、釣り中級者のげどますがお届けしたパシフィック・ノースウエストのさまざまな釣り、いかがでしたか。このコラムは今回で最終回ですが、まだまだほかにも狙える魚はたくさんいます。いつか釣り場でお会いしましょう。ありがとうございました。

(2013年02月)

ワシントン州魚類野生動物管理局ロックフィッシュ釣り専用ページ
http://wdfw.wa.gov/conservation/fisheries/rockfish/

オレゴン州魚類野生動物管理局ロックフィッシュ釣り専用ページ
http://www.dfw.state.or.us/MRP/finfish/sp/rockfish.asp
Gedomasu
新潟県生まれ。小学5年の時に父の転勤でグアム島に引 っ越し、そこで釣りにハマる。その後ロサンゼルス、サンフランシスコ・ベイエリア、モントレーなどを経てシアトルに至る。釣りに行っていない週末は、動物園でボランティアか家で庭仕事。