ポートランド観光ガイド
ポートランドのレストラン

オレゴンのワイナリー sightseeing


ポートランド観光ガイド・トップ > オレゴンのワイナリー

(※ライトハウス2016年3月号特集記事「おいしいワインが目的地 オレゴンワイナリーの旅」より|情報は2016年3月時点)

オレゴンワイナリーの旅

アメリカではカリフォルニア、ワシントンに次ぐワイン生産量を誇るオレゴン。州内には650軒以上のワイナリーがあります。ワインと人生がもっと味わい深くなるワイナリーの旅に出掛けてみませんか?雑誌『ライトハウス』シアトル&ポートランド版の連載でおなじみのレッド・ギレンさんにワイナリーを案内していただきました。


ワイン・リージョンの特徴 

各リージョンの気候やワインの特徴をレッドさんに教えてもらいましょう!


オレゴンワイナリーのリージョン地図

オレゴン・ワイン コロンビア・リバー・ゴージ


雨が多く降る所、あまり降らない所、日差しが強い場所など、バラエティーに富んだ気候と地形があり、さまざまな品種のブドウが栽培できる土地です。コロンビア渓谷は景色がすごくキレイで、滝もたくさんあるので、ワイナリーの旅にはぴったりの場所です。(コロンビア川を挟んで、オレゴン、ワシントン両州にまたがる) ワイナリーの紹介 »


オレゴン・ワイン ウィラメットバレー


フランスのブルゴーニュと気候が似ているため、ブルゴーニュ原産のピノ・ノワールで有名です。同地のピノ・ノワールは品質も高く、本場フランスのコンクールで何度も賞を取るほど。オレゴン・ワイン=ピノ・ノワールと思っている世界のワイン愛好家は多いです。ワイナリーの紹介 »


オレゴン・ワイン サザン・オレゴン


温暖でドライな気候で、スペイン原産のテンプラニーリョや、カベルネ・ソーヴィニヨンで知られています。複数の小さなバレーから成り立ち、今回は、クレーターレイク観光の起点で歴史のある小さな街、ジャクソンビルから近いワイナリーを紹介します。ワイナリーの紹介 »




ウィラメットバレー

オレゴン州全体のワイン生産量のうち3分の2を占めるなど、オレゴン・ワインを語るときには外すことのできないリージョン。ポートランドから車で約45分と気軽に行けるのも魅力で、高級リゾート・ホテルやレストランも多数あります。いずれのワイナリーもまずはウィラメット・バレーを代表するピノ・ノワールから試してみましょう。ワイン・リージョンの位置や特徴 »


※下記情報の地図上の位置について:
◎(MAP 丸数字)→地図上の各スポット番号

ペナー - アッシュ・ワインセラー

Penner-Ash Wine CellarsMAP @

15771 NE. Ribbon Ridge Rd., Newberg|TEL : 503-554-5545|www.pennerash.com|毎日11:00am-5:00pm

オレゴン州初の女性醸造家リンさんと夫のロンさん夫妻によるワイナリー。2015年、Penner-Ash Oregon Viognier 2014が、オバマ大統領と習近平中国国家主席のディナーの席で飲まれ、ホワイトハウスが$30(当時の販売価格)のスクリュートップのワインを選んだと話題になりました。圧巻はピノ・ノワールの種類で、10種類も取り揃えています。ピノ・ノワールの飲み比べも楽しいでしょう。ワインのおいしさはもとより、Penner-Ashで素晴らしいのは眺め。テイスティングルームの目の前に谷があって、ワインを飲みながら谷を見て過ごすのが最高に気持ちいいです。

Penner-Ash Wine Cellars
Penner-Ash Wine Cellars
Penner-Ash Wine Cellars
All photoes of Penner-Ash Wine Cellars: ©Andrea Johnson Photography

 

ケン・ライト・セラーズ

Ken Wright CellarsMAP A

120 N. Pine St., Carlton| TEL : 503-852-7010| www.kenwrightcellars.com| 日〜木11:00am-5:00pm、金土11:00am-6:00pm

のどかなカールトンにあるワイナリーです。ワインは素材が命という哲学の元、単一畑(1つの区画から採れたブドウだけで作る)ワインだけを生産。土の質とブドウを良い状態に保つため他のワイナリーと比べブドウの収穫量が少ないのも特長です。これらのこだわりが、ブドウ本来の力強い香り、味わい、質感を生み出します。

おすすめワイン ● Abbott Claim
ワイン専門誌『Wine Enthusiast』の「2014年のワイン100本」で一位を獲得したピノ・ノワール。オレゴンから初選出で、バランスの良さが評価されました。(受賞ワイン:2012 Abbott Claim)


Ken Wright Cellars
Ken Wright Cellars
昔、駅舎だった建物をテイスティングルームとして使用しています。醸造所の建物もオシャレ!
Ken Wright Cellars
一部の商品は日本にも輸出され、ワイン愛好家の間では人気があります
All photoes of Ken Wright Cellars: ©RJ Studio

 

ドメーヌ・セリーヌ

Domaine SereneMAP B

6555 NE. Hilltop Ln., Dayton| TEL : 503-864-4600|www.domaineserene.com| 毎日11:00am-5:00pm

ブドウは全て手で収穫・選別、ポンプは一切使わないなど、できるだけ機械を使わない手作りワインを手掛けるワイナリー。ワイン専門誌やイベントで、フランスのワインをしのぐ高評価を得たピノ・ノワールで知られていますが、ピノ・グリやシャルドネも作っています。眼前に広大なブドウ畑があり、眺望も楽しめるワイナリーです。予約なしの通常のテイスティング・ルーム以外に、プライベートルームでのテイスティングやワイン講座が組み込まれたテイスティングなど、数種類のワイン・テイスティングが楽しめます。ワインメンバーに加入するとイベントの招待やテイスティング無料などさまざまな特典もあり。

Domaine Serene
Domaine Serene
Domaine Serene 赤ワイン
Domaine Serene ワイン


 

イブニング・ランド・ビンヤード

Evening Land VineyardsMAP C

1326 N. Hwy. 99W. #100, Dundee| 503-538-4110|www.eveninglandvineyards.com| 毎日10:00am-5:00pm

フランスのトップ生産者と言われるドミニク・ラフォン氏が有名ソムリエらとタッグを組み、初めて海外で手掛けたワイナリー。ブルゴーニュのワイン作りの伝統を生かし、ピノ・ノワールとシャルドネを作ります。2015年はSeven Springs Vineyard, La Source Pinot Noir 2012がワイン専門誌『Wine Spectator』で98Point、トップ100のうちの第3位を獲得しました。 有機・自然農法の一種、バイオダイナミック農法でブドウを育てています。知る人ぞ知る小さなワイナリーですが、ワイン専門誌では幾度となく高得点を獲得しているワイナリーです。

Evening Land Vineyards テイスティング・ルーム
Evening Land Vineyards
 

The Allison Inn & Spa
The Allison Inn & Spa
MAPD|2525 Allison Lane, Newberg|TEL : 503-554-2525|www.theallison.com

一年を通してオープンしている、公園北側の観光拠点となるリゾートホテル。1911年のオープン当初のクラシカルな雰囲気を残した100室のホテルに加えて、夏季はホテルの建物の裏手に125室のキャビンもオープン。キャビンは家族旅行に便利な2部屋のもの、安価なシャワー共用のものもあります。


オレゴンワインカントリー&日本人ワインメーカー出逢いツアー
オレゴンワインカントリー&日本人ワインメーカー出逢いツアー
開催日:水・金12:30pm-5:30pm|1人$269 出発地はポートランド市内のホテル|www.oshuushu.com

レッドさん率いるオ州酒ブログチームでは、日本語によるウィラメット・バレーのワイナリーツアーを行っています。バスツアーだから運転の不安もなく、効率よく回れる上、日本語によるワインの解説、軽食などもあり。5時間でウィラメットバレーの3つのワイナリーを巡ります。



コロンビア・リバー・ゴージ

北にコロンビア川、南にマウント・フッドを擁し、古くから景勝地として知られるコロンビア・リバー・ゴージ。ワイナリー巡りの前後に滝やトレイルを楽しむのもいいでしょう。今回紹介するワイナリーはフルーツ・ループと呼ばれるエリアにあり、洋ナシ、モモ、リンゴなど季節ごとに道中の直売所で新鮮な果物が手に入るのも魅力です。ポートランドからは車で約1時間。ワイン・リージョンの位置や特徴 »


※下記情報の地図上の位置について:
◎(MAP 丸数字)→地図上の各スポット番号

カテドラル・リッジ・ワイナリー

Cathedral Ridge Winery MAP E

4200 Post Canyon Dr., Hood River| TEL : 1-800-516-8710| www.cathedralridgewinery.com| 11:00am-6:00pm(12〜2月は5:00pmまで)

カリフォルニア州ソノマのワイン醸造一家の4代目が手掛けるワイナリー。庭が綺麗でフットリバーの観光やピクニックに人気があります。予約不要の通常のテイスティングの他、樽詰めのワインが飲めるテイスティングや、ブドウの収穫ツアーなど、初心者から通まで楽しめるワイナリーです。ウィラメット・バレーにもテイスティングルームがあります(974 N. Hwy. 99 W., Dundee)。

おすすめワイン ● Cabernet Sauvignon Reserve
Reserveは同ワイナリーの中でもワンランク上のライン。カベルネ・ソーヴィニヨンはフルーティーで軽い渋みにモカのような甘みも加わります。じっくり寝かして変化を楽しんでみましょう。


Cathedral Ridge Winery
Cathedral Ridge Winery ワイン


 

マウント・フッド・ワイナリー

Mt. Hood WineryMAP F

2882 Van Horn Dr., Hood River| TEL : 541-386-8333|http://mthoodwinery.com| 11:00am-5:00pm(3月〜11月まで)

コロンビア・リバー・ゴージでは老舗的存在のワイナリー。特筆すべきは景色の美しさ。開放感のある山小屋風のテイスティング・ルームからブドウ畑越しに雄大なマウント・フッドが見えます。ピノ・ノワールやシャルドネ、リースリングなど、さまざまな種類のワインを生産していますが、中でもユニークなのは洋ナシで作ったPear Wine。甘い香りが広がります。 現オーナーで8代目。コロンビアゴージがAVA(政府公認のワイン指定栽培地域)に認定される前からワインを作ってきました。

Mt. Hood Winery
Mt. Hood Winery


 

マルケージ・ビンヤード

Marchesi VineyardsMAP G

3955 Belmont Dr., Hood River| TEL : 541-386-1800| www.marchesivineyards.com|冬: 金〜日11:00am- 6:00pm 、夏:毎日営業(2017年は5/1〜11/12)

イタリアのワイン醸造家の家に生まれたフランコさんによるイタリア・ワインに特化したワイナリーです。フランコさんは長年イタリア・ワインの輸出入に携わり、その特徴を熟知。イタリアのブドウを栽培するワイナリーはオレゴンでは非常に珍しく、とても人気があります。晴れた日はパティオでワインを飲むのが最高です。

Marchesi Vineyards

Double Mountain
Double Mountain
MAPH|8 4th St., Hood River|TEL : 541-387-0042|www.doublemountainbrewery.com|日〜木11:00am-10:00pm、金土11:00am-11:00pm

フッドリバーのブリュワリーで、オレゴン一のピザとレッドさんが太鼓判です。「ぼくのおすすめはトリュフのピザ。あれはうまい!もちろんビールもおいしい」。ポートランドには2号店があります。


マルトノマ滝
© Sumio Koizumi
マルトノマ滝
MAPI|53000 Historic Columbia River Hwy.Corbett(ロッジ住所)

ポートランドとコロンビア・リバー・ゴージの移動で通るのがHistoric Columbia River Highway Scenic Byway。道中にはいくつものトレイルや滝があり、ドライブの途中に立ち寄るがおすすめです。中でも一番有名なのはオレゴン一の落差191mを誇るマルトノマ滝。ふもとのロッジはアメリカ国家歴史登録財です。



サザン・オレゴン

2016年1月に発表された『Wine Enthusiast』誌では世界のベストワイン旅行先10の1つに選ばれた、今注目の土地で、テンプラニーリョなどスペインのブドウが楽しめます。ポートランドからは車で6時間ほど。シェイクスピア・フェスティバルで知られるアシュランドや歴史のあるジャクソンビル、北カリフォルニアと組み合わせた旅行も良いでしょう。ワイン・リージョンの位置や特徴 »


※下記情報の地図上の位置について:
◎(MAP 丸数字)→地図上の各スポット番号

バレー・ビュー・ワイナリー

Valley View Winery MAP J

1000 Upper Applegate Rd., Jacksonville| TEL : 541-899-8468| http://valleyviewwinery.com| 毎日11:00am-5:00pm

1800年代、サザン・オレゴンで一番最初にワインを作ったワイナリー。禁酒時代に一度は姿を消しますが、70年代に現オーナーの父親がこの土地を購入し、再度ワイナリーとして蘇らせました。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ヴィオニエなどを栽培。$10〜$20台と値ごろな価格帯のワインが多いのも魅力です。

おすすめワイン ● Anna Maria Syrah
ベリーやチェリーの風味にタバコやブラックペッパーの香りが加わり大人っぽい味わい。『Portland Monthly』誌では、$25以下のベスト・オレゴンワインと評価。ラムチョップやビーフステーキと相性抜群です。


Valley View Winery
Valley View Winery
Valley View Winery


 

レッド・リリー・ビンヤード

Red Lily VineyardsMAP K

11777 Hwy. 238, Jacksonville| TEL : 541-846-6800|www.redlilyvineyards.com| 木〜日11:00am-5:00pm 、5/1〜10/31は毎日営業

夫婦で経営する小さなワイナリー。繊細な味わいを持つスペイン原産のテンプラニーリョの生産に特化しています。テイスティング・ルームと庭が美しく、チーズなどの軽食が楽しめることでも人気。スペイン・ワイン好きや、長期熟成した赤が好きな方にはおすすめのワイナリーです。

Red Lily Vineyards
© Christian Heeb
 

トルーン・ビンヤード

Troon VineyardMAP L

1475 Kubli Rd., Grants Pass| TEL : 541-846-9900|www.troonvineyard.com| 毎日11:00am-5:00pm

サザン・オレゴンでは古いワイナリーのひとつで、今年創業40周年。幅広い種類のワインを作っています。「庭がすごくキレイ。外で飲むと気持ちイイね」とレッドさん。サザン・オレゴンのほか、ポートランドから車で1時間ほどのウィラメット・バレーのカールトンにもテイスティング・ルームがあります(250 N. Kutch St., Carlton)。

Troon Vineyard
Troon Vineyard

All photoes of Troon Vineyard: © Hazel Eye Photography

 

Jacksonville Inn
Jacksonville Inn
175 E. California St., Jacksonville|TEL : 541-899-1900|
www.jacksonvilleinn.com

ゴールド・ラッシュ時代の面影を残す歴史あるホテルです。併設のレストランがおいしく、ワイン・リストも充実。店内には常時2000種類以上を揃えるワイン・ストアもあるので、お土産購入のためにぜひ立ち寄りたい場所です。



ワイン・テイスティングの基本

ワインの買い方、飲み方、ワイナリーでの振る舞い方、 ワインは分からないことがいっぱい。 レッドさんに教えてもらいました。


Mammoth Hot Springs Hotel & Cabins

See 見る

ワインの色を見ます
 

Mammoth Hot Springs Hotel & Cabins

Swirl 回す

ワインと空気を混ぜ、
より香りを出します

Mammoth Hot Springs Hotel & Cabins

Smell かぐ

匂いをかぎ、 どんな
香りがするか考えます

Mammoth Hot Springs Hotel & Cabins

Sip 一口飲む

少しだけ口に含め
味を楽しみます



ワインのテイスティングルームは日本にはあまりないシステム。レッドさんにいくつかのキーワードを解説して頂きました。

メニュー カウンターで好きなワイン・フライト(試飲セット)を頼みます。通常4〜6種類くらいのワインが提供されます
順番 軽い味から濃い味の順に出ます。白の後に赤。最後に甘いデザートワインが出ることも。グラスが空にならないと、次のワインはもらえません。
シェア 1つのワイン・フライトを2、3人でシェアしても構いません。
スピトゥーン 飲みきれないときは、カウンターの上の小さなバケツ(スピトゥーン)にグラスからワインを入れます。残しても失礼にはなりません。
チップ テイスティング・ルームではチップを払うことをあまり期待されていませんから、しなくても構いません。
金額 ワイン・フライトはだいたい$15〜20くらい。テイスティングの後にワインを1本か2本買えば、ワイン・フライト代がノーチャージになるワイナリーもあります。


Ken Write Cellars テイスティングルーム
© Ken Write Cellars, RJ Studio



■ ワイナリー旅行にいい季節は?
春はやっと雨が終わって外に出ると楽しいし、空気も気持ち良くていいですね。でも、やっぱり夏が、テイスティングの後にワイナリーの庭でピクニックができる時期だからおすすめ。秋は大きいブドウや、もしかしたら収穫も見られるかもしれないし、収穫が終わった後のブドウの葉っぱの紅葉もありますね。雨がよく降る冬以外がグッドです。 

※ ワイナリーのピクニックについては2015年8月号連載「Redさんがレコメンド!本当においしいお酒 in NW」で詳しく紹介しています。


■ ワイナリーではどんなワインを買えばいいの?
ワイナリーでワインを買うのは思い出とお土産のためです。だから、特別な記念日やパーティーのためにちょっといいワインを買って、飲む時にワイナリーの旅を思い出すのがおすすめ。僕の家ではワイナリーで買った良いワインにはステッカーを貼って「いつ何のために飲む」って書いて置いています。買う時はスタッフに「あと何年先まで飲めますか?」って聞いた方がいい。ワインの品種によって持つ期間が違いますからね。スタッフも喜んで教えてくれるでしょう。


■ いくらくらいのワインがいいの?
ワインは面白いことに品種に関係無く値段が高ければ高いほどおいしい。おいしい$10のワインは無いし、まずい$50のワインも無い。だから僕にとって良いワインとは$25くらいは出さないとダメですね。たまに、すごく安くておいしいワインはあるけど、ほとんどない。でも、毎日高いワインは飲めないよね。僕も平日は奥さんがトレーダー・ジョーズで買った$5とか$7のワイン(笑)。$25以上のおいしいワインは結婚記念日とかに出すの。



レッド・ギレン
◎ 案内してくれたレッド・ギレンさん

日本語でポートランドを中心にオレゴンのワインやビール・シーンを紹介するブロガー。弊誌「レッドさんがレコメンド!本当においしいお酒 in NW」を不定期連載中。最近では、日本のTVや雑誌やイベントなどの出演も多数。ウィラメット・バレーの日本語ワイナリーツアーなども行う。

ブログ:オ州酒ブログ
www.oshuushu.com

※ライトハウス2016年3月号特集記事「おいしいワインが目的地 オレゴンワイナリーの旅」より|情報は2016年3月時点



観光スポット・ページ: ページトップ