ご先祖様感涙!やみつきボルシチ

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫がお届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ! ご先祖様感涙!やみつきボルシチ 食いしん坊の皆さん、はっぴっぴーのぴーですか? いつでもどこでも、はっぴーぴーな愛情料理の独裁者“北のおっさん”っす。めでたく最終回を迎えまし た。もし寂しくなったらファンレターは編集部まで。特に女子、大歓迎よ。ホッホ~! エニウェイ、愛情料理のトリを飾るにふさわしいレシピはこれ。東欧を 代表するおふくろの味、ボルシチ。暑い時期に冷たい飲み物やアルコール類をたしなみながら、アツアツ料理を食す。これも夏場のだいごみであります。汗をか…続きを読む

牛肉のたたき しょうゆワイン漬け

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫がお届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ! 牛肉のたたき しょうゆワイン漬け やっちゃうよ、やっちゃうよったら、やっちゃうよ! 愛情料理の伝道師、北のおっさんっす。皆さん、お元気? 何をやっちゃうのかって? 今回はね、“牛肉のたたき”。肉食系もそうでない方にも喜んでいただける逸品で、幼少時の北のおっさん家では正月にしか出てこなかった限定品です。皆さんは“限定品”って言葉に弱いでしょ、ヘヘ。一子相伝、門外不出、我が家の秘伝レシピをご紹介しちゃうもんね。でっ「なぜに正月限定?」って、お母ちゃんに聞いたら「正月料理に肉類が少なかったから」。何だよ、特別に意味は無いらしい。さすが、おっさんのお母ちゃん。適当DNA炸裂だぜぇ、ワイルドだろぉ! 彼女は、レストランに行っておいしい料理が出てくると、それを感覚で覚えて家で完璧に再現してしまう特技を持っていたのね。ネットとか無い時代だったので、皆さんがこんな感じだったのでしょうな。ロイヤリティーって何? 紅茶? みたいな。では、行ってみよう。超簡単だぜぇ! ●材料(肉1パウンド分)…続きを読む

あんかけ豆腐ステーキ

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫がお届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ! あんかけ豆腐ステーキ チワァッ。愛情料理の代表取締役おやじ、北のおっさんっす。食いしん坊諸君、お元気ですか? 今回紹介する料理は「すてきな豆腐ステーキ」。つまんないおやじギャグを言うなってか! 52歳児の脳みそでは、これぐらいしか思いつかんのですよ。同じ職場に絶対居てほしくないおっさんの代表格なのです。我が家でもおやじギャグ連発で、家族から大ひんしゅくを買いまくりなのは内緒だよ。さて、話を戻しご説明。この料理は栄養バランスが取れていて、とてもヘルシー。その上ガッツリ感も味わえて一挙両得なのだ。ここアメリカでも、ヘルシーな日本食は大ブーム!というか、もはや定番ね。アメリカンな味に慣れている皆さんの食いしん坊家族にも、すんなりと受け入れてもらえることギャランドゥ~! いや、ギャランティ~!! 辛味が欲しい人は豆板醤や唐辛子を入れてもいけるのだ。では、早速作ってみましょ。 ●材料(2~3人分) 木綿豆腐 1丁(300グラム)…続きを読む

スープカレー

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫がお届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ! 餅入りスープカレー チワァッ。皆さん、元気にお過ごしっすか? 一生懸命貧乏してます、北のおっさんです。「欲しがりません、勝つまでは。人生楽ありゃ苦もあるさ」っと。さて、3回目はスープカレーです。芸能人のどなたかが、いつぞや「カレーは飲み物です!」とのたまっておりましたが、言い得て妙。いかにも食いしん坊の名言(迷言)ですね。普通のカレーも良いけど、おっさんのスープカレーもいけるよぉ。何たってご飯が入っていない分、噛みこなさなくていいから、すぐに食べ物を胃袋に流し込みたい腹ぺこ大将にはうってつけなのだ。ちゃんと噛まないと体に悪い? そんなの自己責任だぜ、ガハハハ。これに正月の雑煮用に買って、まだ余っている餅をトッピングすれば、立派な主食にもなります。1日おいたスープもまた激ウマです! ●材料(4人分~) ベーコン 4、5枚…続きを読む

放置焼き豚

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫がお届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ! 放置焼き豚 あけましておめっとさん! いつもエロカッコイイ北のおっさんです。えっ? 「見たことないからわからない」って? 見ないほうが良いかも。特に起き抜けはキツイっすよ(笑)。さて、めでたく2回目突入です。今回紹介するのは、おっさん家族を含む全米肉食野郎共の憧れ「焼き豚」。日本では至るところに自慢の自家製焼き豚を出す店がわんさかあるわけさ。シアトルにも多少あるけれど、なかなか行けない、出合えないのが実情。そこで自分で作ることにしたのね。某有名量販店Cで豚の塊肉を安く購入。脂身が多いほうが、さらにジューシーな仕上がりに。「ダイエット? 何それ! おいしいの?」ってなもんだ。そんで、さらにアジア系スーパーマーケットで売られているゴッド・アイテム、李錦記社の叉焼醤(チャーシュージャン)をゲット! これがスグレモノのうえに、$2前後で手に入るのね。まさに中国4千年の味。1度で大量に作れるので、パーティーやポットラックにも最適! 早速、作ってみましょ。 ●材料(作りやすい分量※4人分~) 豚ブロック肉(ロースか肩ロース、またはバラ) 約4パウンド…続きを読む

チリ丼

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫がお届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ! チリ丼 チワァッ。この度このコラムを担当することになった北のおっさんです、オスッ。トォキョー生まれのトォキョー育ち。が、しか~し、親父がトーホグ出身なので、レシピの味は濃いめ。心しておくように、オスッ! 今回紹介する料理はチリコンカーンの缶詰がベース。そもそもチリにハマったのは、学生時代に東京の原宿にウェンディーズが開店し、そこで出合ったのがきっかけです。ハワイに住んでいた時にはイベントの屋台などで「Chili Bowl」という名で販売しているのを見掛けましたが、元来凝り性なおっさんは、アレンジを加えて改良。チーズのクリーミーさと、ホウレン草のシャキシャキ感がチリの風味に絶妙に絡み、何とも言えないおいしさの丼になりました。ボリュームもあるので、育ち盛りの男子にもオススメ! ナチョを砕いて入れてもOKだし、目玉焼きやハンバーグをのせて“ロコモコ風” にガッツリ食してもマイウーです。…続きを読む