最終回 ご先祖様感涙!やみつきボルシチ

体育会系おじさんの 愛情料理

毎日の料理に必要なのは一に愛情、二に手抜き!? 男の料理ならではの豪快&簡単レシピを3人の子持ち兼業主夫が お届け。忙しい時や今晩のおかずに困った時のアイデアにどうぞ!


スープカレー
食いしん坊の皆さん、はっぴっぴーのぴーですか? いつでもどこでも、はっぴーぴーな愛情料理の独裁者“北のおっさん”っす。めでたく最終回を迎えました。もし寂しくなったらファンレターは編集部まで。特に女子、大歓迎よ。ホッホ〜! エニウェイ、愛情料理のトリを飾るにふさわしいレシピはこれ。東欧を代表するおふくろの味、ボルシチ。暑い時期に冷たい飲み物やアルコール類をたしなみながら、アツアツ料理を食す。これも夏場のだいごみであります。汗をかくし、温野菜もたっぷり摂れて健康的ね。決してミスマッチではないのだ。なぜかおっさんは子供の頃からボルシチやピロシキ(東欧のお姉さんも含む?)が大好きでした、うふふ。でっ、青年になって知ったのですが、おっさんのご先祖様はロシア系だったのね。何のことは無い、民族の血が騒いで欲していたのですな。納得っす。ハラショー! では、始めましょっか。
 

材料(4〜5人分)

牛肉(豚・マトンでもOK) 400〜500g  
<A>
タマネギ 大1個
ニンジン  1本
トマト   大1個
ニンニク  1片

<B>
ジャガイモ  大2個
ビーツ    2個
キャベツ   1/4個
マッシュルーム  適宜
<C>
トマトケチャップ  大さじ2
キューブ型ブイヨン  1個
塩・コショウ   適宜
砂糖   小さじ2

<D>
パプリカ※無くても可  適宜
レモンの絞り汁  1/4個分
パセリ※生でもドライでも可  適宜
バター  大さじ2
ローリエ  大1枚
オリーブ・オイル  適宜
サワークリーム  適宜
 
作り方

@ビーツとジャガイモをそれぞれ別の鍋で水から丸ごと、どちらも串がすっと通るまで茹でる。冷めたら皮を剥き、好みの大きさに切る。それ以外の野菜と肉も適当な大きさに切る。

A鍋にオリーブ・オイルを熱し、塩・コショウをまぶした肉を投入。表面に焼き色が付いたら、肉がヒタヒタになるくらいまで水を入れる。沸騰したら弱火にしてローリエを投入し1時間以上煮込む。時々アクを取りながら、水分が少なくなったら水を足す。

BAとCをAに加え20分位煮る。さらにBを加え、キャベツが軟らかくなるまで煮込み、最後にDを入れる。

C器に具を入れた後、スープを注ぎ(そうすると盛り付けがきれい)、サワークリームを上にのせて出来上がり。
※シベリアなどの北部は具が大きめ、モスクワに近くなるほど具は細かく見た目にも気を使うそうです。




ボルシチは元々ウクライナ(旧ソ連)の伝統料理で、近世、ロシアなどの東欧諸国に普及したそうです。味は、日本のみそ汁のように各家庭でバラエティーに富んでいるということで、まさにお袋の味ですね。短い間でしたが、ご愛読ありがとうございました。少しでも皆さんの参考になったのであれば幸甚です。では、ダスヴィダーニァ(またいつかお会いしましょう)!
文/写真 北のおっさん
シアトルの北のほう在住。幼少時、両親が共働き、優秀な姉は図書館に入り浸りで、実質かぎっ子だった。そんな寂しい育ち盛りにインスタント・ラーメンを生でかじって過ごすなどの、美しくも悲しい過去を持つ。自分の子供達にはそんなみじめな思いをさせたくないと一念発起。自営という立場もあり、料理に目覚める!? 女房元気で留守が良い。3児の父。