第79回  チキン・エンチラーダ・リング
チキン・エンチラーダ・リング  

timer

調理  :20分
焼き時間:22ー25分
盛り付け:3分

突然ですが、長らく続けさせていただいたこの連載も今月が最終回です。今までご愛読いただいた皆さん、本当にありがとうございました!! さて、最後は何を作ろうか、ずっと考えていましたが、手抜きなのに豪華に見える、得意のオーブン料理で締めくくりたいと思います。アメリカのホームパーティーでは、かなりの頻度で登場する、トルティーヤ・チップス&サルサ・ソースですが、このチップス、ひと袋を食べきることって少ないと思いませんか? 今回は、余ったチップスを利用する、おいしいレシピを紹介します。チョップド・グリーン・チリは、似たような缶でめちゃめちゃ辛いハラペーニョも売っているので、確かめて購入してくださいね! 見た目よりも意外に簡単なので、ぜひお試しを。

 

チキン・エンチラーダ・リング
(8人分) 
鷄胸肉2カップ分
(3枚程度)
黒オリーブ刻んで
1/4カップ分
(缶詰可)
トマト(中)2個
ライム1個
コーン・トルティーヤ
チップス
(うち大さじ2杯分は
トッピング用)
粉々にして
2/3カップ
冷蔵クロワッサン
生地
2本分
(16枚)
モントレージャック
チーズ
1カップ
チョップド・グリーン
チリ
1缶 
(4オンス)
マヨネーズ
(アメリカのもの)
1/2カップ
サウスウエスタン
シーズニング
大さじ1杯
市販のサルサ・ソース1カップ
サワークリーム1カップ

1. オーブンは375度に温めておく。鶏肉は軽く塩・コショウ(分量外)を振り、フライパンでこんがり焼き、角切りにする。黒オリーブは粗みじん切り、トマト1個は8等分のくし型、もう1個は種を取って角切りにする。ライムは真ん中部分を4枚スライスし、半分に切って飾り用、残りは絞り、小さじ1、2杯程度のジュースを作る。>>10分

2. ボウルに鶏肉、黒オリーブ、トマトの角切り、モントレージャック・チーズ、マヨネーズ、チョップド・グリーン・チリ(汁ごと)、サウスウエスタン・シーズニング、コーン・トルティーヤ・チップスを入れて混ぜ、ライム・ジュースを加える。>>5分

3. ピザ用の丸い天板かストーンウェアに、三角形のクロワッサン生地を16枚重ねながら太陽の絵を描くように並べ、重なった部分をローラーで均等に伸ばし、この上にAを置き、外側の生地を真ん中にかぶせるようにして包んでいく。等間隔にすき間があるが、それでOK!トッピング用のチップスを上に振り掛け、オーブンで20〜23分焼く。>>25〜28分

4. 仕上げに、半月切りのライムとくし型に切ったトマトを交互にすき間に載せて飾り、サルサ・ソースとサワークリームを添える。>>3分

<MEMO>
コーン・トルティーヤ・チップス そのままサルサ・ソースを添えて食べてもおいしいけれど、いつも少し余っちゃうのが曲者。このレシピのほかに、サラダのトッピングにしてもおいしいですよ〜。湿ったら、オーブンで焼いてね。



逸子モーガン Itsuko Morgan:
アメリカに住んで早15年。ひょんなことから受け持った料理クラスをきっかけに、キッチン用品の実演販売を通じてあちこちに出没(?)するようになった元気な主婦。ある程度の人数が集まれば、出張クッキング・ショーやクッキング・クラスも随時開催しているので、興味のある方は 55imchef@comcast.netまで。

 

このエッセイに対するご意見・ご感想は以下までお寄せ下さい。
web@jeninc.com