“貧乏・節約”シアトル留学日記

映画製作を夢見てアメリカの地を踏んだ私・TOKYO粥。“貧乏・節約”をモットーに過ごす、1留学生の留学ドタバタ・リポート 第1話 アメリカ上陸! 私はこの留学を、自分の力だけで実現したと思っている。……いや、もちろん、金銭面では両親が全面的にヘルプしてくれているけれど。だからこそ、余計な出費はなるべく抑えようと努力の日々日々日々なのだ。例えば、こっちの学校への留学手続き。私は2年前に渡米したが、その際、留学斡旋会社に頼めばラクチンなものを、それを利用せず辞書片手に自分でやったりした。とにかく、私は「貧乏留学、貧乏留学」と心に決めているのである。。 その甲斐(?)あってか、かなり悲惨なことに巻き込まれたりもした。と言うのも、私がこっちへ来た時はまだ「I am…続きを読む

アメリカ・シアトルMBA留学日記

日本生まれの日本育ち、留学まで海外生活なしの超ドメスティック人間が、MBA留学でシアトルへ。これまでとまったくことなる生活の中、日々思うことを気ままに書き綴るエッセイ。 第1回 アメリカでのビジネススクール(MBA)留学と英語力 こんにちは、「たま」です。これから「アメリカMBA留学」というテーマ(本当はこういう、いかにもといった感じは好きではないのですが……)で、まぁ気楽に書いていこうと思います。MBAとは、たまに「マヌケ・バカ・アホ」の略として読んだり、「Married But Available(結婚してるけど体は空いてます)」の略として言ったりすることもあるようですが、元々はMaster…続きを読む

いずのシアトル留学

東京生まれ東京育ちの20歳、好きな言葉は「成せば成る」の“いず”が、テンション上げまくりで臨むアメリカ留学生活! 第1回「カルチュラル・カフェ」 はじめまして。シアトルよりちょっぴり南下したタコマの地で留学生活をしている、いずと申しまする。以後、お見知りおきを! 私が今現在通っている学校は、タコマ・コミュニティー・カレッジ。すっごい国際色豊かで、主にロシア、日本、韓国、香港、ベトナム、タイ、アフリカ圏からの留学生がいます。私達を面倒見てくれるインターナショナル・ステューデント・オフィスのアドバイザー達はみんなとってもフレンドリー! 私なんかは用がなくても、よくオフィスに行っていろんな人とっ捕まえて相手してもらってます。仕事邪魔してごめんよぅ……。 前学期行われたイベント“カルチュラル・カフェ”(写真)は、留学生が集まってお互いの国を理解しようという興味深いもの! 香港はトラムの模型、ロシアはマトリオーシュカの人形、韓国はキムチなどが並び、お互いの国のブースを行き来して「ああ、国際交流ってこんな感じなんだなー」と改めて思いました。普段なかなか着る機会なんてない、韓国のチマチョゴリ、ベトナムのアオザイなどを着せてもらっては、みんな写真撮影して大はしゃぎ! 折り紙、炊き込みご飯などを用意した我が日本ブースも大人気で、特に浴衣の試着は順番待ちの行列ができるほどでした。…続きを読む

シアトル留学生のスクール・ライフ

日本の高校を卒業後、夢と期待と希望を胸にシアトルへやってきたサキポコ、19歳。シアトル生活がようやく1周年となったサキポコが教えてくれる留学生のスクール・ライフ。 第1話 「たいむ・ぱすと・らいく・あん・あろー」 シアトル留学1周年 サキポコとホストファミリー はじめまして。サキポコ、19歳で~す。高校卒業後、夢と期待と希望を胸に、この地シアトルへやってきました(忘れもしない2002年3月17日)。早いもので、シアトル生活も1周年。たいむ・ぱすと・らいく・あん・あろー。時がたつのはあっという間ですね。…続きを読む

英会話力ゼロからのアメリカ・シアトル留学

英会話力ゼロの状態から始まったカヨポンのアメリカ留学。“適当にしっかり気合”をモットーに七転八起する、19歳のスクールライフ! 第1話 “山のふもとレベル”からのスタート 学校以外では英語をしゃべる機会がない!? 始めまして! サキポコに代わって、今回から留学日記を担当することになりましたカヨポンです。サキポコの元クラスメイトでもあり、彼女と同じく2002年に日本の高校を卒業し、シアトルにやって来た19歳。立派な大学生になることを夢見て、某コミュニティ・カレッジのESL(English as…続きを読む