専門家が回答(アメリカ生活 子育て&英語のお悩み)

子供の歯の検診や矯正はいつから始めればいい?


乳歯は全部で20本あり、一般的には生後6カ月から生え始め、3歳までに生えそろいます。乳歯のエナメル質や象牙質は永久歯より薄く、いったん虫歯になると痛みを早く感じます。しかし、その年代で注射(麻酔)や歯の治療を静かに受けることができるでしょうか?そう考えたら乳歯の虫歯を作らないようにすること(予防)が賢明です。

米国小児歯科学会では、1歳の誕生日に歯の検診を受けることを勧めており、先天性異常の早期発見や虫歯予防のため、親への指導を行っています。予防処置の方法としては、まず最初の乳歯が生えてきたらガーゼやソフト布で歯の表面に付いている汚れを拭き取ることです。だんだん乳幼児も慣れ、生えてきた歯の数も増えたら、歯ブラシを使用。奥歯が生えてくる3歳前後からフロスを使います。親が毎日子供にブラッシングとフロスをしてあげ、子供が自分できれいに(個人差あり、約10才)歯みがきとフロスができるまでにしてあげなければなりません。

また、おやつの後や食後は、直ちに歯磨きをしましょう。虫歯や歯並び・咬合(噛み合わせ)問題の早期発見のため、定期検診も大切。また、フッ素塗布も行いましょう。

歯並びと咬合は同じと思われますが、実は違います。歯並びに問題なくても、咬合は悪いことがよくあります。たとえば、前突(出っ歯)/Open Bite(開咬)/Deep Bite(深い咬合)/Cross Bite(交叉咬合)/Under Bite(受け口)などの不正咬合があります。多くの場合、このような不正咬合が顎骨の成長と関係します。子供が咬合不正のままでいると、顎骨や顎関節の成長に影響が出るので、早めに手当てをすることをお勧めします。

人によりに口腔状態が異なるため一概に何歳から治療しなければならないとは言えません。大切なのは、定期的に歯科医に診てもらうことです。



歯科医 高本建雄さん 話/歯科医 高本建雄さん

一般歯科、入れ歯、インプラント、歯周病、矯正、抜歯、神経治療、顎関節症など幅広く、子供から高齢者までを対象に治療を施す、専門医資格も持つ家庭歯科医。数カ国の歯科医師免許を所持し、ワシントン大学歯学部臨床助教授も兼務する。

Kenyu Takamoto, DDS, MSD
tel 425-746-8676 www.drtakamoto.com
*情報は2012年4月時点のものです