アメリカの防臭・防虫グッズ

第1週 ニオイを防いでさわやかに 玄関やお部屋に入った時に、ニオイが気になることってありますよね。生活している証のようなもので、住んでいる本人は慣れてしまいがちですが、不快にならない程度に抑えておきたいものです。食べ物やゴミ、タバコ、ペットなど、ニオイの発生源はさまざま。そんな生活臭を抑えるのにお役立ちのアイテムをご紹介しましょう。 まずは、空中に漂うニオイ。キッチン周りに使いやすいのは「Lysol Antibacterial Kitchen…続きを読む

アメリカでのバス・タイムを楽しくするおすすめグッズ

第1週 長風呂のススメ 湯船にゆったり浸かると心身共にホッとしますよね。アメリカのバスタブは浅くて長いので、半身浴や寝浴にぴったりです。忙しい人も、たまには長風呂してみませんか? 血行を良くし、新陳代謝を促し、カロリー消費も意外に多いそうです。体を清潔にするだけでなく、健康や美容の観点からも見逃せない効用がいっぱいですよ! 温められた血液が全身に行き渡るには20分前後掛かるそうですから、ゆっくり浸かってものぼせない程度のぬるめのお湯がオススメです。 長風呂、いえ、健康と美容のための入浴には、それなりの舞台装置が欲しいもの。いい香りに包まれればリラックス感もアップします。ラベンダーやローズ、バニラなど、重めの香りが長風呂向き。アメリカではアロマ関係のアイテムが豊富ですから、エッセンス・オイルをお湯に垂らしたり、アロマ・キャンドルやお香を焚いたりするのもいいですね。香水も使えます。人からいただいたものの使う勇気がなくて温存していた、甘くて重い香りの香水をちょっとお風呂に入れてみたら、これがなかなかのヒット。シャネルNo.5のお風呂です。マリリン・モンローばりに「私が身に付けているのはシャネルNo.5だけよ」なんて言ってみるようなマネはとてもできませんが(笑)、ひとりゴージャス気分くらいなら許されるでしょ? 体をしんまで温める、疲れた筋肉をほぐす、リラックスさせて寝つきを良くするなど、長風呂の効果はいろいろ。効果をよりアップするための入浴剤もいろいろと出ています。ミネラル・ソルトや火山灰を配合したAbra Cellular…続きを読む

アメリカのおすすめ電化製品

第1週 ナナコ的“お役立ち度ナンバー・ワン”電化製品 夫婦揃ってドラッグストア大好きな我が家ですが、ダーリンがまっしぐらに向かう棚は、ナナコとは別の場所。アプライアンス(=電化製品)のコーナーです。ドラッグストアで扱っている安い価格帯の製品は、なかなかどうして、侮れない充実度。主使用者じゃない人が「おもしろそう」という観点で選んできたものが多いので当たり外れはありますが、それもまた楽し、といういことで、今月は、ナナコの独断と偏見によるアプライアンスお役立ち度をご紹介していきましょう。 ナナコが「アメリカでの生活で役に立ってるなぁ」と思うものの横綱は、ミニチョッパーです。容器の中に食材を入れてスイッチ・オン。ガーッという音とともに刃が回転して、みじん切り一丁上がり! 刃に絡み付くものや容器の壁にベタッとくっつくものは不向きだとか、小刻みにスイッチのオン・オフを繰り返したほうがムラなく刻めるとか、頭に置いておくべき注意事項はありますが、使い方次第で大活躍します。 一番よく使うのは挽肉を作る時。食の安全性に過敏ではないナナコも、『Fast Food…続きを読む

アメリカでのカーペット掃除・床掃除

第1週 カーペット掃除は体力勝負? 師走ですねー。「今年の汚れ、今年のう~ちぃにっ♪(どこのCMでしたっけ?)」と、そわそわする時期です。ま、お正月よりはクリスマスに気合いをかけるアメリカでは、年末=大掃除ではないみたいですけれど。 アメリカのおうち、日本に比べてカーペットの使用率が高いと思いませんか? 足ざわりが柔らかく、床の冷たさも和らげられるのはいいのですが、掃除はちょっと面倒。日本で流行りのフローリングの床や伝統的な畳敷きが懐かしくなっちゃいます。 掃除機の設計ポリシーも日本とは違うみたい。以下、私論ですが、1)アメリカの掃除機はデカい、2)アメリカの掃除機は重い、3)アメリカの掃除機はうるさい、4)日本の掃除機にはあって当たり前の便利機能(コードの巻き取り機能など)がなかったりする、などなどなど。 けれども、こういう点を除けば、アメリカの掃除機のできが悪いというわけではないらしいのです。日本から愛用の掃除機を持って来た人いわく、「カーペットがきれいにならないの……」。アメリカのカーペットを掃除するには、やっぱり頑丈でパワフルなアメリカ仕様の掃除機がいいのかも。ワット数で表される吸い込み仕事率だけではなく、カーペットからゴミをかき出すパワーヘッドの機能が効くらしいんです。ごっつい掃除機、あなどるべからす。…続きを読む

アメリカでのネイルケア&フットケア

第1週 ネイルケアは身だしなみ アメリカへ来たばかりのころ、近所にお住まいの日本人の奥様に手作りのお菓子をご馳走になりました。彼女の手元を見ると、派手ではないけれど、きれいにマニキュアがしてあります。「そう言えば、ネイルのお店、たくさんありますよね」と言いながら、自分の爪に目を落とすナナコ。水仕事が多いし手が荒れがちだということを言い訳に、マニキュアなんてほとんどしたことがなかったんです。「この辺りでは、服装はカジュアルでもマニキュアはちゃんとしている人が多いものね。 私はサロンにはたまにしか行かないから、普段はだらしなく見えない程度に自分で手入れするだけだけど」 あらららら。ネイルケアは特別な場合のため、おしゃれのためというよりは、身だしなみだったんですね。彼女はきちんきちんと家事をこなしているのみならず、趣味もたくさんお持ちの方。ヒマな時間はナナコのほうがずーっと多いはずなのです。これはもう心掛けの違いとしか言えません。いまだにマニキュアをしていると「あ、お出掛けしたの?」とバレバレのナナコはホントに怠け者(涙)。とは言え、今月末からは“ナナコでさえマニキュアをする機会の増える”ホリデー・シーズンですから、ナナコでもできる(?)簡単ネイルケアをご紹介しましょう。 ネイルケア用の道具は、ヘアカット用のハサミや何かと一緒にドラッグストアの雑貨コーナーに置いてあります。「Revlon」や「Tweezerman」といったブランドが品揃え豊富。爪の形を整えるためのemery boardと、爪の表面を整えるためのbufferまたはfileの2種類のヤスリは必需品です。爪切りは押して切ることになるので切り際がガタガタになるし、弱い爪だと層状に割れたりすることが。仕上げだけでもemery…続きを読む

アメリカのおすすめオーラルケア製品

第1週 アメリカで虫歯になったら大変! アメリカへ引っ越すことになり「異国の地で、歯が痛みだしたら大変!!」と心配になったナナコは、日本で歯医者さんに行っておくことにしました。この歯医者さんは、おしゃべり好きでとっても面白い人なんですが、さすがに歯の話をするときは真剣。ナナコの歯やカルテ、レントゲン写真を見て検診しながら、しみじみ言ってくれました。 「年、ごまかしてないよね? 歯だけ見ると、こんなに若いとはとても思えないけど」 「!!そんなにヒドいですか?」 「うん(キッパリ)。でも、行くのが歯科治療のレベルの高い国で良かったね」…続きを読む

アメリカのバスルーム掃除グッズ

第1週 カビ退治には かつて蒸し暑い東京に住んでいたナナコは、バスルームのお掃除が一番キライでした。集合住宅にありがちな窓のない狭いお風呂場で、壁はタイル張り。白いはずの目地がすぐにカビで黒くなってくるんです。忙しいという言い訳も、誰かが泊まりに来るなんていう時は通用しません。はぁ~。げんなりしながら大掃除をしてたものです。シアトルに来てからは、温度も湿度も低いせいかバスルームのお掃除がとっても楽になりましたが、立地条件によってはやっぱりバスルームにカビが生えがちというお宅もあるみたいですね。 カビは、目で見て黒くなっている表面だけに繁殖しているのではなく、根を張って(?)います。黒く見える部分は胞子のできている部分。菌糸は素材の中のほうにも入り込んでいるので、タイルの目地や素材の継ぎ目など隙間のある場所に生えているものは、力仕事で表面だけこすり落としても、またすぐにカビが目立ってきてしまいます。カビを根っこから退治するには塩素系漂白剤が定番。アメリカでは、TilexMold & Mildew…続きを読む

アメリカでお買い得なスキンケア製品

第1週 美白コスメが欲しい! 「かなり日に当たっちゃったの。シミになりそうでイヤだなぁ。日本から持ってきた美白コスメ切らしちゃったし……」と、友達のボヤキ。彼女以外にも、「アメリカには美白コスメがないの?」って戸惑う日本人女性は珍しくありません。 美白には紫外線カットと内側からのビタミン摂取がいちばんですが、小麦色をキープするほうが難しい白人の肌にだってシミはできますから、アメリカにも美白コスメはあります。ただし、日常的に使うのではなくて、できてしまったシミをケアするという考え方。探すなら、普通のスキンケアのコーナーじゃなくて、アンチエイジングの棚です。 シミのケアで有名なのは、Porcelanaの「Fade Dark…続きを読む

アメリカのキッチン掃除・お手入れグッズ

第1週 拭くだけの簡単お掃除方法 キッチンって、意外と人目につきますよね。親しいお友達とちょっとお茶を飲む、ホーム・パーティーの準備や後片付けを手伝ってもらう、なんて時に、ドキッとしたこと、ありませんか? キッチンは油や食べ物カスという独特な汚れにさらされる上に、水や熱も扱う場所ですから、手を抜くと汚れがこびりついてしまいます。使ったら即お掃除するのが一番ですが、料理や洗い物を終えた後でまたひと仕事というのは面倒なもの。だから今回は、普段のお掃除で楽にササッと使えるものをご紹介しましょう。 キッチンの簡単な掃除は、食器用洗剤(中性洗剤)でだいたいできてしまうのですが、洗剤で拭いた後に水拭きしなくちゃなんて考えて億劫になるくらいなら、専用のものを買ってもいいと思うんです。例えば、カウンターの表面をスプレーして拭くだけの洗剤。Counter Top…続きを読む

アメリカでのヘアカラー&パーマ

第1週 すっかり身近になったヘアカラー 昔むかし、ナナコがまだ(髪だけ)チャン・ツィイー似だったころのこと。後輩から電話が掛かってきました。「あのぉ。頭、ちょっと貸してもらえません? 『中身』じゃなくて『外側』だけ。あ、前はいりませんから」。うーん、ビミョーな依頼(笑)。彼女が働いている会社で(白髪染めではなくて)若い女性向けのヘアカラーを開発していたのですが、「髪を染めるなんて不良のすることだ!」と言いかねない重役のおじいちゃん達に見せるためのヘアモデルが必要だったんですって。プロのヘアメイクさんがついて、丁寧なヘアカラーとブローはもちろんのこと、念のために(別人かと思われるほどの)お化粧も施された上で、重役さん達に後ろ姿をご披露したナナコでありました。 当時からわずか2、3年後には髪を染める人が急増し、染める色合いもどんどん明るくなりました。「髪を染めるのは不良のすること」なんて偏見はもう笑い話。今では30代、40代のごく普通の女性が髪を茶色に染めていても何の違和感もありません。白髪染めとファッションカラーの境い目もあいまいになってきて、白髪をカバーしながらお洒落もしちゃおうという人が増えてきているんでしょうね。 自分でヘアカラーできれば気軽だしお金も掛からないのですが、何を選べばいいのかわからない上に、「面倒そう」「失敗したら大変」という気持ちもあって、高くても美容室におまかせしているという人が多いのではないでしょうか。アメリカには、ものすごくたくさんの種類のヘアカラーがあるし、日本と違って「白髪用」「黒髪用」というカテゴリー分けもはっきりしていないので、ドラッグストアに行ってはみても途方に暮れてしまうという声をときどき聞きます。でも、ある程度の知識があれば、ちょっとしたヘアカラーは意外と簡単にできちゃうんですよ。 ということで、次回は、ヘアカラー選びの基礎知識についてお話しします。…続きを読む

アメリカの食器洗い機と関連グッズ

第1週 食器洗い機は強い味方 アメリカではほとんどのおうちに付いている食器洗い機。ナナコは日本にいた時からの愛用者です。使い始めたきっかけをちょっとお話ししましょう。ある男性が、食器洗い機についての使用調査を頼まれました。といっても、実際に使うのは奥様。手洗い派だったけれど、ダンナ様のお仕事に影響する(かもしれない)ことですから、渋々、貸与された食器洗い機を使い始めたそうです。さて、アンケート期間も終わりに近づいたある日のこと。その男性は奥様から言われたそうです。 「ねえ。これ、返さなきゃいけないの? だったらウチのを買って。もう、あたし、食器洗い機なしじゃ生きていけないわ」 この話を聞いたナナコは、即、食器洗い機を買いに走りました。自分が知ってる人の経験談ほど強い推薦はありませんからね。 使い方のコツはいくつかあります。食べ残しや油なんかはざっと拭き取っておく。卵みたいに熱で固まるものは(水でもいいから)こすり落としておく。汚れが乾いて固まらないうちに入れるか、洗うまで水につけておく、といったところでしょうか。何が得意で何が不得意かを知った上で使えば、手荒れも減らせて、ホントに強い味方です。お客様が来た時に、後片付けの気兼ねをさせなくて済むのもいいですよね。…続きを読む

おすすめ美容アイテム

第1週 お肌しっとり成分 以前、「知っておきたい!日本の旬ネタ10」のコーナーで、ヒアルロン酸が紹介されていたのを覚えてますか?ヒアルロン酸というのは、水分を抱え込む力がものすごく強いことで有名な成分で、化粧品には昔からよく配合されています。なのに改めてブームになったのは、100円ショップでこの成分だけを水で薄めてボトル売りを始めたから。さすが、日本の100円ショップは商売上手! アメリカのドラッグストアでは、ヒアルロン酸の単品というとサプリメントの形で売っているものしかあまり見掛けませんが、「どうしても化粧品としてのヒアルロン酸が欲しいの~」という人には、dermaeブランドのHyaluronic Acid Firming…続きを読む

アメリカの ボディケア・ハンドケア商品

第1週 普段だって保湿は大切 アメリカで日本以上に重視されているカテゴリーのひとつがボディーの保湿ケア。どこで読んだか忘れちゃいましたけど、白人の肌を桃に、アジア人の肌をリンゴに例えていた人がいました。びっしりと産毛の生えた桃は最盛期には柔らかくて繊細でほんとに綺麗だけれど、あっという間に傷んでしまう。でも、つやつやしてピンとハリのあるリンゴは、その状態を長く保てるというんです。なるほど~。たしかに、白人の肌は紫外線や乾燥に弱くて、シワのできるのも早い。保湿に気を遣わないと老けやすいわけです。 幸い(?)シアトルの秋冬は雨が多くて、東京の冬ほど肌に厳しくないように思いますが、お日様の季節はもうそんなに遠くない。リンゴ肌の私達も、乾燥プラス強い紫外線にさらされる前からお手入れはちゃんとしておきたいもの。肌ストレスによって後々残るダメージは少なくなりますからね。備えあれば憂いなし! と言っても、大きなトラブルがない限りは特別なことが必要なわけじゃありません。ポイントはふたつ。まず、ボディー・シャンプーや石鹸を肌に残さないようにきちんとすすぎ流すこと。そして湯上がりの肌がまだ湿り気を帯びているうちに、ボディー・ローションを薄く塗り伸ばすこと。せっかくだから、好きな香りのものを選ぶと気持ちもリラックスできていいですね。香水とシリーズになったものもあるし、ドラッグストアや自然派化粧品のお店(OriginsとかBodyShopとか)にも、爽やかな香りやらおいしそうな香りやらのローションがいろいろあります。 顔と違ってボディーのケアは怠りがち。軽くケアするだけで充分という場合には、楽に気持ち良く使えるものを選ぶのが正解かも。使うのが面倒くさくなってしまっては元も子もないですもんね。…続きを読む

アメリカの洗濯用洗剤・洗濯グッズ

第1週 液体洗剤って意外と使いやすい 今を去ること3年前。別居生活を終え、晴れてシアトルのダーリンの住まいに引っ越して来たナナコでしたが、ユーティリティー周りには何やら慣れないニオイが……。 「一体なんじゃらほい、このニオイは?」。ナナコに言われて鼻をくんくんさせるダーリン。 「あ、洗剤のニオイのこと?」 そっかぁ。悪いニオイとは言わないが何しろ強い。アメリカに来て1年近く、日本からお持ち込みの衣洗を使い続けたツワモノ(?)ナナコですが、遠からずアメリカ製品を買わなきゃならなくなるのは当たり前。さて、何を買おう?…続きを読む

アメリカのヘアケア用品

第1週 アメリカでシャンプーを買いに行く みなさん、シャンプーってどうやって選んでます? CMの印象や店頭の手書きPOP、友達からの口コミ、美容師さんのオススメ……。でも、「こんなのを買おう」っていう心づもり全くなしに選ぶとなると案外悩みませんか? アメリカに引っ越して来たばかりのナナコは、まさにこの状態。お気に入りのシャンプー達はここでは手に入らない。CMもあんまりやってないし、口コミ情報もない。仕方がないので、とりあえずは大きいドラッグストアへ行ってみました。 アメリカのシャンプー売り場って、日本とは少し様子が違う。ブランドの数は少なくって、各ブランドの中で多種類の品揃えをしているんですよね。一般のお店でよく見かけるシャンプーのブランドは…… ・Dove 重たくないしっとり感を出す ・Pantene…続きを読む