YOUMAGA大学英語学部

最終回
ビジネス・スラングを克服!

協力/リント&コミュニケーション英語研究所

 

交渉などで使うビジネス英語は理解できても、スラング交じりのカジュアルな会話になると、まるでちんぷんかんぷん。最終回は、アメリカ人のいる職場でコミュニケーション上手になるためのエクササイズです。

QUIZ 1
日本語訳を参考に、空欄に当てはまる単語を選択肢(A)〜(C)からひとつ選んでください。

1. The manager makes us work every weekend. What a slave    ! (毎週末働かせるなんて、本当に人使いの荒いマネジャーだ!)
(A) driver (B) diver (C) user

2. Tom was surprised that Mary is holding    three part-time jobs. (トムが驚いたのは、メアリーが3つもアルバイトを続けていたからだ)
(A) up (B) down (C) in

3. Our director just told us that the CEO will be here next week to check our progress. We will have to buckle    for the next few days! (来週、最高経営責任者が私達の仕事の進歩状況をチェックしに来ると部長が知らせたので、数日は精を入れて励まなくてはならない)
(A) up (B) on (C) down

4. Mark got called on the    for arriving late to the meeting for the second time this month. (マークが上司に呼びつけられて叱られたのは、会議に遅刻したのがもう今月で2回目だったからだ)
(A) rug (B) linoleum (C) carpet

QUIZ 2
以下の下線部の表現はスポーツ関連語から派生したものです。下線部の正しい日本語として適切なものを選択肢(A)〜(C)からひとつ選んでください。
Chris: I am ready to throw in the towel if my boss doesn't give me what I want for my new salary.

Sam: Did she give you a ballpark figure ?

Chris: Not yet. I am going to touch base with her tomorrow morning.

1. (A) 辞職する (B) 抗議する (C) 話し合う
2. (A) 壮大な計画 (B) はっきりしたもの (C) だいたいの範囲
3. (A) 彼女に電話する (B) 彼女と短時間面会する (C) 彼女と食事をする

【解答と解説】
QUIZ 1
1. 正答:(A)/解説:slave driverを直訳すると「奴隷を扱う人」。つまり、ビジネスなどの場では、「人使いの荒い人(上司)」を指す。
2. 正答:(B)/解説:hold down ...は「…(仕事など)をがんばって続ける」という意味の慣用句、hold up ...は「…を持ち上げる」の意で、 hold in ...は「…(感情など)を抑える」の意味のイディオム。
3. 正答:(C)/解説:buckle downは「(仕事などに)精を出す、熱心に取り掛かる」の意味。(A)のbuckle upは「(薄くて長い物が)曲がる、崩壊する」という意味なのでここでは不適切。(B)のbuckle on ...は「…を留め金で留める」の意味。
4. 正答:(C)/解説:on the carpetは「叱責するために呼び付けて」の意で、通常 be called [put] on the carpetの形で用いられる。ほかでは意味を成さない。

QUIZ 2

1. 正答:(A)/解説:ボクシングの「(負けを認めて)タオルを投げ入れる、降参する」の意味から転じて、ここでは「辞職する」こと。towelの代わりにspongeも使われる。
2. 正答:(C)/解説:野球が語源。ballpark figureはestimateと同義で「おおまかな範囲、見積もり」の意味になる。
3. 正答:(B)/解説:touch base with...(人) 人で「…(人)と情報交換のために簡単にコンタクトを取る」の意味。こちらも野球が語源。
【会話の訳】
クリス:もし社長が新しい給料として僕が望んでいる額をくれないんなら、会社を辞める気なんだ。
サム:だいたいどれくらいくれそうなのか教えてもらった?
クリス:まだ。だから、明朝にちょっと彼女と会おうと思っているんだ。

 

協力:リント&コミュニケーション英語研究所
マーケット
▲隔月刊で発行されている『TOEIC TESTプラス・マガジン』
東京にある、英語学習教材を主要分野とする出版社。音声CD付きのTOEICテスト専門誌『TOEIC Testプラス・マガジン』(隔月刊)も発行。同誌には、TOEICテストの模擬問題のほか、生きた英語を学ぶための記事が収載されている。また、メルマガ『A Hint of English from Lint〜言いたい英語・聞きたい英語〜』やウェブサイト(www.lint.co.jp)でも、英語学習に役立つ情報を発信している。

マーケット
 
【お知らせ】
「リント」の新刊:
『リスニング難度A+ 街を行くアメリカ人の声』

日常生活で耳にする「本物の」英語音声を聞いて、ネイティブ・スピーカー並みの「実践的な耳」を手に入れよう! 本書はアメリカの街角を行くネイティブ・スピーカー38人へのインタビュー音声を元にしたリスニング教材。インタビューは「難度B」「難度A」「難度A+」の3つに分類され、各インタビューには、「スピード」「発音」「語彙」の観点から難度の目安が5段階で表示されている。弱点の自己分析や段階別学習が可能な構成になっている。

500の重要語句と70余りの頻出イディオム・口語表現も耳から覚えられるので、リスニング強化を目指す人にはうってつけの1冊だ。

インタビューが行われたのはシアトルが中心。もしかするとあなたの知っている人の声が聞こえるかも。

■『リスニング難度A+ 街を行くアメリカ人の声』
インタビュー・編集:イヴ・ローゼンブルーム 定価:1,575円
問い合わせ先:リント Eメール:info@lint.co.jp 
TEL:81-3-3419-9301 ※海外への送付には、送料(510円)と銀行振込の手数料の負担が必要
※紀伊國屋書店シアトル店・ポートランド店でも取り寄せ可